リウマチ内科

Rheumatology, Specicial outpatient clinic

診療科からのお知らせ/コラム

ご挨拶

膠原病やリウマチ性疾患は自己免疫性疾患といわれ、免疫の異常から複数の臓器に障害をきたす全身性疾患です。当科のリウマチ内科では、こうした疾患の診断・治療を行っています。当科は総合内科との協力診療体制をとっており、入院加療が必要な場合は、総合内科と連携して対応いたします。原因不明の発熱、関節痛、皮膚症状などについて診断を行うとともに、全身の臓器障害に対しても連携をとりながら幅広い見識で診療を行う、全人的医療をめざしています。 この数年、膠原病やリウマチ性疾患に対しての治療薬の進歩により治療成績は近年著しく向上してきています。 当科では、患者さんに対して、丁寧に診察し、的確な検査を行うことで、最適な治療を提供していきたいと考えています。

内科代表部長(副院長)

井上 信孝

扱う疾患

関節リウマチ、全身性エリマトーデス、 全身性強皮症、シェーグレン症候群、多発性筋炎・皮膚筋炎、混合性結合組織病、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(Churg-Strauss症候群)、高安動脈炎(大動脈炎症候群)、巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)、ベーチェット病、成人スチル病、リウマチ性多発筋痛症、RS3PE症候群、IgG4関連疾患など

たくさんの病気を診療しますが、病気の名前だけ言われても、わかりづらいかもしれません。そこで、こんな症状はありませんか?

①痛み:痛みを感じる場面や程度は人によって異なりますが、当てはまるものはありませんか?

    • 重い物を持つと、手首がズキンと痛む
    • 階段の上り下りで、膝がズキンと痛む
    • お風呂に入るとき、からだ中がズキズキ痛む
    • ドアノブを回そうとしたら、手首がズキッと痛む
    • ペットボトルのふたを開けるとき、手先がズキッと痛む
    • からだ中がズキズキ痛んで眠れない

②倦怠感:体のだるさや、力が入りにくいことを言う言葉です。当てはまるものはありますか?

      • 全身がだるくて動きづらい
      • だるくて力が入らない
      • からだが鉛みたいに重い
      • 座ってなにかにもたれていたくなる
      • 眠気がして横になっていたい{

③こわばり:体が思うように動かない・・・と感じたことはないですか?

    • 起きて10分ぐらいは指がカチカチで動かない
    • 手がギシギシする
    • 足首がカチカチで、ロボットになったみたい
    • まるで足が棒になったような感覚
    • 首が張り付いているような感じ
    • 肩がギリギリと鳴っているよう


痛み、倦怠感、こわばりは、主観的な症状で、感じ方や例え方は人によってバラバラです。何か当てはまる症状があれば、一度専門医の診察を受けてみてください。

スタッフ紹介

  • 岡野 隆一

  • 山田 啓貴

外来担当医表

休診情報はこちら

リウマチ内科 岡野 隆一 山田 啓貴

(令和4年4月1日現在)

サイトマップ