リハビリテーション科

診療日程

(平成31年4月1日現在)

 

診察医 平田裕亮 高瀬史明 金山修一 原田義文 金谷貴子
再 診 初 診 再 診 再 診 初 診

 

特徴

リハビリテーション科には医師5名、理学療法士16名、作業療法士8名がスタッフとして勤務しています。アットホームでとても落ち着いた雰囲気の中で、リハビリテーションが行えるのが、当リハビリテーション科の特徴です。

 

対象疾患

当リハビリテーション科にて治療の対象としているのは、主に次のような疾患です。

脊椎疾患 腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症など
関節疾患 肩関節周囲炎、変形性股関節症、変形性膝関節症など
各部の骨折
手の疾患 靱帯損傷、腱損傷、神経損傷など
脳原性疾患 脳出血および脳梗塞後の後遺症など
開胸・開腹術後の疾患 心筋梗塞、狭心症、胸部・腹部外科疾患など

 

治療の方針

リハビリテーション科では、早期の自宅復帰、社会復帰や職場復帰を目標とした急性期の理学療法・作業療法を重点的に実施しています。なかには自宅での生活において不自由が想定される場合もあり、その際は担当の理学療法士や作業療法士が直接自宅を訪問し、手すりの設置や段差の解消などの家屋改造の指導を行っております。

また、腰痛センターの業務への参画を行っており、勤労者医療に対しても積極的に取り組んでおります。

 

その他の活動

  1. チーム医療としての活動
    ・リハビリテーション・カンファレンスの開催
    ・病棟内回診への参加
  2. 理学療法士および作業療法士養成のための実習生受け入れ
  3. 腰痛予防教室の開催
    企業・団体での申し込みに応じます