呼吸器内科

Respiratory medicine

ご挨拶

呼吸器疾患は、喫煙がその大きな原因である肺癌、慢性肺気腫、慢性気管支炎や、環境要因が大きく関与する気管支喘息、慢性咳嗽など多岐にわたります。「咳」、「息切れ」、「胸痛」などの症状を伴うものから、胸部レントゲン写真の異常など症状の全く見られないもの、さらにはいびきや眠気が問題となる「睡眠時無呼吸症候群」など幅広い病状があります。我々は、こうした呼吸器の病いに対して、精力的に診療にあたっています。また、外科的治療が必要な場合は、呼吸器外科と連携して、迅速にかつ最善の治療を提供しています。 肺癌については、禁煙指導はもとより、気管支鏡検査、放射線科とタイアップした詳細なCT検査、CTガイド下肺生検を用い、肺癌の早期発見、早期診断を目標に、治療困難といわれる肺癌へ取り組んでいます。 肺気腫に対しても基本的治療である吸入療法の指導はもとより、在宅酸素療法を行うなど、在宅医療を含めたアフターケアの更なる充実を目指しています。近年増加している気管支喘息や慢性咳嗽、過敏性肺臓炎などの環境やストレスに由来する疾患に対しても、原因の評価や各個人の病態に応じたきめ細かい治療方針を決定し、環境整備の指導を含め長期的継続医療をおこなっています。 「睡眠時無呼吸症候群」についても当院耳鼻科咽喉科と連携しながら診断から治療まで診療に取り組んでいます。 呼吸器疾患には完全に治癒する疾患は少ないですが、患者さんの生活の質の向上を目指し、個々の患者さんに満足が得られることを目標にしています。

内科代表部長(副院長)

井上 信孝

扱う疾患

肺炎

肺炎は老若男女問わず多い疾患です。重症化しやすく死因の第3位となっています。
また、抗菌薬に反応しない(細菌による感染症ではない)肺炎もあり、場合によっては気管支鏡で肺の細胞を採取し診断します。
気管支鏡検査も以前よりお身体への負担が少ない検査となっています。
なお、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はCOVID-19診療チームと協力して診療に当たっております。

肺腫瘍

肺癌は診断することが重要です。診断するためには肺組織の採取が必要で、当科では気管支鏡検査にて診断を行います。
気管支鏡検査が難しいと判断した場合にはCTを見ながらの組織採取(CTガイド下生検)や手術による組織採取(外科的肺生検)を当院の放射線科や呼吸器外科に依頼し、早期に診断をつけるよう取り組んでいます。
治療は手術や放射線化学療法が困難な患者様に化学療法を行います。肺癌の化学療法は多岐に渡っており、患者さんの状態に合わせた治療を行います。

喘息

吸入薬の充実によりコントロール良好な患者さんが多いですが、難治性喘息の患者さんもおられます。
吸入薬の選択から注射製剤まで幅広い治療方針を提案させて頂きます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

平成初期と比べ喫煙率は男女ともに低下してきていますが、依然としてCOPDで苦しむ患者さんは多くいらっしゃいます。吸入治療や、重症の場合は在宅酸素療法の導入から管理まで行います。

睡眠時無呼吸症候群

高血圧など生活習慣病と関連があり、また居眠り運転で交通事故を起こすなど労働災害にも関連する疾患です。睡眠時無呼吸症候群の検査として自宅でできる簡易検査、1泊2日の入院で行う精密検査、いずれも対応できます。治療は持続的陽圧呼吸療法(CPAP)で導入から管理まで行っています。

気胸

地域の診療所や病院、救急外来と協力し、早急に診察、必要時は胸腔ドレナージを行います。手術適応の患者さんは速やかに呼吸器外科に紹介させていただきます。

実績

2020年 2021年
気管支鏡

32

68

胸腔鏡(局所麻酔下)

0

3

ポリソムノグラフィー※

3

18

※ポリソムノグラフィーは睡眠時無呼吸症候群の検査です。

スタッフ紹介

  • いしい たつや

    石井 達也(兼)

    【学会専門医・認定医】

    日本内科学会認定医

    【メッセージ】

    呼吸器疾患といえば、最近は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)一本のようですが、肺癌や喘息、COPDや間質性肺炎の患者さんが減ったわけではありません。
    むしろCOVID-19の登場によって呼吸器疾患の患者さんたちはさらなるストレスを抱えて生活しています。
    患者さんの不安に寄り添うことのできる医師を目指し研鑽を積んでまいりますので、お気軽にご相談ください。

  • いしぐろ ゆたか

    石黑 豊

    専門分野:呼吸器内科

  • むらた ゆういち

    村田 祐一

    専門分野:呼吸内科

  • どうさか ひろき

    堂阪 啓起

    専門分野:呼吸器内科

    【学会専門医・認定医】

    ・産業医

外来担当医表

休診情報はこちら

呼吸器内科 福井 崇文 石井 達也 高田 尚哉 三村 千尋

(令和4年4月1日現在)
※気胸、膿胸、気道異物は緊急疾患のため、曜日に関わらず診察します。

サイトマップ