病理診断科

従来検査科病理として活動していましたが、2008年4月より政令で「病理診断科」の標榜が可能になったことに伴い、検査科とは別に独立した診療科として出発することになりました。医師1名、技師2名のこじんまりした体制ですが、それぞれが専門領域を担当しながらも協力しあって業務を遂行しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

代表的な疾患及び研究

  • 肺内アスベスト小体計測検査など

 

施設認定

  • 日本病理学会認定施設

 

業務の概要

当院における病理診断科の業務は以下の4種です。

  1. 病理組織検査
  2. 細胞診検査
  3. 病理解剖
  4. アスベスト小体計測検査

 

1. 病理組織検査

消化管内視鏡や手術によって採取された患者様の組織から1~3日かけて標本を作製し、顕微鏡を用いてその組織の性状を調べます。まず腫瘍か炎症等の非腫瘍性病変かに大別し、腫瘍であれば良性か悪性かを調べます。通常の標本のみでは診断が困難な場合には特殊染色・免疫染色を施行し、詳しく調べます。また、癌の手術中に切除範囲の決定等のために通常とは異なる方法で短時間で標本を作製して診断する術中迅速診断という検査も行なっています(ただしこの検査では大まかなことしかわかりませんので、通常の方法で標本を作製しなおして再度検査することが必要となります)。

 

2. 細胞診検査

患者様の喀痰や尿などから標本を作製し、その中に出現している細胞を詳しく観察し、良性か悪性かを調べます。当院では塵肺検診を行なっている関係で、喀痰検査が最も多く行なわれています。簡便な検査でありスクリーニングとして用いられますが、細胞の形態のみでは良悪の判定が困難な症例もあり、そのような場合には上述した病理組織検査が必要になります。また、癌の手術中に腹水や胸水中の癌細胞の有無を調べる術中迅速細胞診も行なっています。

 

4. 病理解剖

最善の治療を行なったにもかかわらず、残念ながらお亡くなりになられた患者様のおからだを、ご家族の同意のもとに調べさせていただく検査を病理解剖といいます。通常は約3時間かけて、腹部・胸部を中心に検索させていただきます。解剖の結果は肉眼的な変化については当日、組織学的検索も含めた最終診断は数ヶ月後に担当医に報告します。当院では3ヶ月に1回臨床病理検討会(CPC)を行い、多くの臨床医とともに解剖症例について検討を行なっています。CPCは現在の医師臨床研修制度では必須項目になっており、臨床研修医の教育に欠かせないものです。

 

4. アスベスト小体計測検査

平成17年6月以降アスベストによる健康被害が社会問題となり、同年9月に全国労災病院にアスベスト疾患センターが設置され、当院は近畿地区のブロックセンターに指名されました。それに伴い、当科では平成18年4月よりアスベスト小体計測検査を開始しました。現在、労働基準監督署・環境再生保全機構からの依頼症例を中心に検査を行なっていますが、近隣の病院からの依頼にも応じていますので、検査希望がございましたら、電話にて連絡をいただいた後で依頼書・検体をご送付下さい。詳細につきましては「石綿小体計測検査について」をお読み下さい。

 

病理診断科の実績

こちらをご覧下さい