不整脈外来

Arrhythmia 

診療科からのお知らせ/コラム

診療科紹介

心臓は、絶え間なく規則的に拍動する血液のポンプです。心臓のポンプ機能が障害される原因は様々ですが、心臓の拍動のリズムの障害に起因するものが不整脈疾患です。当院では、長崎大学循環器内科 武居明日美医師を不整脈治療統括ディレクターとして、患者さんの生活の質の向上を目指し、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療、徐脈性不整脈に対するペースメーカ治療を行っています。心房細動に対するカテーテルアブレーション治療は、自覚症状を軽減させ生活の質を向上させる効果だけではなく、脳梗塞や心不全を予防し、生命予後を改善させる効果も期待されています。当院では、患者さんの病態や背景を考慮して、最善の治療を提供しています。

スタッフ紹介

  • たけい あすみ

    武居 明日美

    不整脈治療部門統括ディレクター

    専門分野:不整脈

    【学会専門医・認定医】

    • ・日本循環器学会専門医
    • ・日本不整脈心電学会専門医
    • ・日本内科学会認定医
    • ・ICD/CRT植込み認定医
    • ・植え込み型除細動器 / ペーシングによる心不全治療研修証登録医

外来担当医表

休診情報はありません。

不整脈外来

髙原・武居
(新患のみ)※

(令和4年4月1日現在)
※ 診療日程は、手術等の都合により変更になる場合があります。

※ 髙原・武居 第1・3週
※ 不整脈外来を従来担当していた武居医師は県外からの応援診療となったため、診察は不定期となります。当面は、他の医師が外来を担当いたします。ご了承ください。
 

サイトマップ