心臓血管外科

診療日程

(令和元年10月1日現在)

午前 小野公誉 休診 尾﨑喜就 脇田 昇 尾﨑喜就
脇田 昇 脇田 昇 山口眞弘
午後 脇田 昇 尾﨑喜就

※ 手術の都合により、診察医が変更になる場合があります

心臓及び血管病変の診断、治療を4人の医師で行っています。専門的な診療科として、外科手術治療だけでなく、新しくより侵襲の少ない治療を積極的に取り入れています。

 

診療方針

心臓血管外科では心臓疾患および血管(動脈、静脈)病変、さらに呼吸器疾患の診療および治療を行っております。
専門的な診療科として、手術治療だけでなく、より侵襲の少ない血管内治療も積極的に取り入れています。
循環器の病気は、時に緊急性を有し、早期の診断と治療が必要です。
毎日外来診察(新患、再来)を行い、外来時間外(夜間、休日)でも患者さんの診察、検査及び手術治療を24時間行える体勢を整えています。
セカンドオピニオン外来を開設し、先天性心疾患は山口眞弘先生(元兵庫県立子ども病院心臓血管外科部長)が担当して、皆様のご相談をお受けしています。

 

専門施設

  • 外科専門医制度修練施設(認定施設)
  • 心臓血管外科専門医認定修練施設(基幹施設)
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 呼吸器外科専門医認定修練施設(関連施設)

 

代表的な疾患及び研究

開心術、末梢血管病変(大動脈瘤、ASO、静脈瘤)

 

専門施設

  • 外科専門医制度修練施設(認定施設)
  • 心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)

 

代表的な疾患と診療の特徴

心臓及び大血管疾患

狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈バイパス術(CABG)、心臓弁膜症に対する弁形成術や弁置換術、胸部大動脈瘤に対する人工血管置換術およびステントグラフト留置術、心房細動に対するメイズ手術、肺血栓塞栓症や心臓腫瘍などの心手術を幅広く行っています。また、元兵庫県立子ども病院の山口眞弘先生に、先天性心疾患の患者さんたちの診察を担当していただいています。

 

動脈疾患

腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、動脈閉塞などの診断や治療を行っています。外来で血管検査(ABI、エコー、CTなど)を行い、血管診療医として、病気の診断から治療方針の決定まで行っています。侵襲の少ない血管内治療を積極的に取り入れ、患者さんの状態に合わせてカテーテルやステントによる血管拡張術、ステントグラフトによる大動脈瘤治療を実施しています。

静脈疾患

下肢静脈瘤はよく見られる病気で、下肢のだるさや腫瘍、睡眠中のこむら返りなどを引き起こします。当科では年間約400人の患者さんの手術を行っており、比較的軽度な場合は日帰り(外来)手術で、重症例には2泊3日の短期入院でと手術治療を選択しています。

 

胸部疾患

肺癌、気胸の手術や、手掌多汗症に対する胸部交感神経切除術などを行っています。肺癌症例では、呼吸器内科との診療チームで治療計画を策定しており、手術では胸腔鏡補助下の肺切除術を導入して、低侵襲手術を心がけています。

 

救急対応

循環器の病気は、時に緊急性を有し、すばやい診断と治療が必要です。
外来時間以外(夜間、休日)でも患者さんの診察、検査及び手術治療を24時間体制で行っております。