和歌山ろうさい病院での研修【研修医だより29】

循環器内科 安冨真道

 

神戸労災病院の後期研修プログラムでは、各自の希望に応じて他病院での研修を受けることが可能です。私は今回、和歌山ろうさい病院循環器内科において二ヶ月の循環器内科研修を行わせて頂きました。主に冠動脈や下肢動脈に対するインターベンション治療を中心に学ばせて頂きましたが、いつもと異なる環境での経験は非常に貴重な経験になりました。今まで気づかなかった視点を持つことができ、さらに自分自身の知識や手技について改めて考え直してみることができました。和歌山ろうさい労災病院での経験を、今後の診療に生かしていこうと思います。

仕事だけでなく、食事にもたくさん誘って頂き、とても楽しい二ヶ月間となりました。

最後になりましたが、温かく受け入れていただき指導して頂きました和歌山ろうさい病院の林先生・九鬼先生・有田先生・山本先生及びスタッフの方々、また機会を与えていただいた神戸労災病院の井上副院長をはじめ諸先生方に、心より御礼申し上げます。

 

写真 後列右から2人目 安冨真道