独立行政法人労働者健康安全機構神戸労災病院は病院医療機能評価の4回目の認定を受けました。

独立行政法人労働者健康安全機構神戸労災病院は、公益財団法人 日本医療機能評価機構による病院機能評価(一般病院2(200~499床)(主たる機能) 3rdG:Ver2.0)を令和元年11月1日付けで認定証の交付を受けました。

病院機能評価とは

(公益財団法人)日本医療機能評価機構が、第三者機関の立場から、病院の質と機能を評価するものです。
一定の評価基準を設けることで、医療の質の一層の向上を図ろうとする目的があります。
同評価機構は、病院を中心とする医療機関の機能を学術的・中立的に評価する「病院機能評価」を実施している日本で唯一の第三者機関です。

病院機能評価の審査の結果、一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」です。
すなわち認定病院は、地域に根ざし、安心・安全、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、常日頃努力している病院であると言えます。

今後も患者の皆様に提供する医療サービスのより一層の向上を目指して、職員一同さらに気を引き締め、日々努力してまいります。

審査結果

日本医療機能評価機構HP

http://www.report.jcqhc.or.jp/detail/id=2831