JMECC(日本内科学会 内科救急・ICLS講習会) 開催

 循環器内科 槙野裕也  

日本内科学会専門医制度では、救急医療への取り組みが重視されており、二次救命処置を含む救急蘇生講習会(JMECC)が、内科専門医プログラムに必須項目としてカリキュラムに含まれています。

 2020年11月14日、内科専門医プログラム基幹病院として、コースディレクターに帝京大学ちば総合医療センター 森脇龍太郎先生をお招きし、JMECCを開催しました。またブース長 神戸大学 乙井一典先生、インストラクター 済生会吹田病院 光本保英先生にもご参加いただきました。乙井先生、光本先生はJMECCに精通されていて受講生のみならず院内インストラクターも大変勉強になりました。受講生の先生方は普段からコミュニケーションを取れていることもあり、チームワークの取れた円滑な蘇生処置をされていました。今後もJMECCを積極的に開催していきますので、是非参加して下さい。