2018KRAC開催しました

2018 KRAC 開催                 20181013

 

神戸労災病院中堅・若手医師の同窓会(勉強会&親睦会) 2018 KRAC (Kobe Rosai Alumni Club)を開催致しました。「Alumni」は同窓という意味で、神戸労災病院で研修、あるいは働いたことのある先生方のスキルアップ及びネットワーク作りを目的として開催しました。

今回のKRACでは、「非専門医に役立つミニレクチャー」と題して、以下の5つの講演がありました。どれも内容が濃く、とても勉強になりました。また、それぞれの演者からは、キャリアパスなど熱いメッセージも拝聴でき、若い医師には刺激になったと思います。

 

有吉 隆佑 先生(平成22年卒) 神戸大学 消化器内科          「食道アカラシアの新規内視鏡治療」

青木 丈明 先生(平成22年卒) 神戸大学 食道胃腸外科         「急性腹症」

羽溪 優  先生(平成21年卒) 兵庫県立淡路医療センター 循環器内科  「後期研修、大学院生を経て、そして現在」

由留部 崇 先生(平成15年卒) 神戸大学 整形外科           「四肢のしびれ・運動麻痺−整形外科の立場から−」

乙井 一典 先生(平成11年卒) 神戸大学 総合内科           「知っていれば何てことないシリーズ」

 

現行研修医制度の下、各大学医局に所属しない先生方も多くなり、同期・同門という繋がりが少なくなってきている中、神戸労災病院で研修した・勤務した先生方の同窓という形で、先生方の親睦を強める・ネットワーク作りの場になればと考えています。今後も定期的に開催いたしますので、ご参加宜しくお願い致します。

 

副院長 井上信孝