第30回 神戸労災病院 院内学術大会が開催されました。

2019年12月7日 神戸労災病院 院内学術大会が開催されました。

この大会は、初期臨床医の症例報告だけではなく、様々な職種が、医療レベル向上や、病院の機能向上のために施行してきた臨床研究や、教育的な症例を発表する学術的な取り組みです。

今回は13題の演題が発表されましたが、何れもレベルが高く学術論文にまとめても十分な内容でした。優秀演題賞として、黒川昌美看護師と、大鳥武志放射線技師の演題が選ばれました。

当院は臨床業務に最善を尽くすのは言うまでもありませんが、今後もこうした取り組みを通じて、自己研鑽していきたいと考えています。

 

 

副院長 井上信孝