入院患者のみなさんと「みなとこうべ海上花火大会」を鑑賞しました。

平成30年8月4日(土)、「第48回みなとこうべ海上花火大会」が開催され、入院されている患者さん35名(事前申込制)に当院屋上を限定開放し、花火を楽しんでいただきました。
同日開催された「第30回なにわ淀川花火大会」で打ち上げられた花火も見ることができ、患者さんからは「両方の花火が見られて最高」という声が聞かれました。

当日は、ボランティアのみなさんに患者誘導等の運営に関するご協力をいただきました。また、院長はじめ病院職員も参加して花火を鑑賞しながら患者さんとのふれあいの場となりました。

当院は他病院と比較して高台に立地しており、屋上からは神戸・中央区、灘区の町を一望することができます。眺望の良い当院屋上から花火を楽しんでいただくことで、患者さんにとって気分転換になればと考えております。