「手指の関節痛・関節症」と題して講演を行いました。

平成30年10月26日(金)、神戸市中央区の兵庫県医師会館で開催された兵庫産業保健総合支援センター主催の一般産業保健研修にて、金谷貴子整形外科・リハビリテーション科部長が「手指の関節痛・関節症」と題して産業医、産業看護師、事業主、衛生管理者、人事労務担当者及び一般労働者の方々に講演を行いました。

くり返す手作業にての手指の痛み、手関節の痛みが増えており、早期発見、対処することで、職場を離れたり、休業することを最小限にすることができると考えており、知っておいてほしい知識を説明させていただきました。

手作業が多い労働者の方々のなかには、手指の痛み、手関節の痛みにお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、手外科専門医が診察を行い、検査・治療を積極的に行っています。早めに受診されることをお勧めします。