「塩(えん)は異なもの味なもの 減塩生活!ハッピーライフ」と「当院の治療就労両立支援活動」と題して講演を行いました。

平成30年9月26日(水)、神戸市中央区の兵庫県医師会館で開催された兵庫産業保健総合支援センター主催の一般産業保健研修にて、久永文栄養管理室長が「塩(えん)は異なもの味なもの 減塩生活!ハッピーライフ」と題して、また、遠藤かおり復職コーディネーター(MSW)が「当院の治療就労両立支援活動~症例報告を踏まえて~」と題して産業医、産業看護師、事業主、衛生管理者、人事労務担当者及び一般労働者の方々に講演を行いました。

高血圧、心臓病、腎臓病などの場合、減塩することで効果はあらわれます。しかし、「味を薄くしたら食欲がなくなった」という話や「減塩してみたが長続きしなかった」という話をよく聞きます。これらの問題を解決するための具体的な方法を久永栄養管理室長から説明させていただきました。
また、遠藤復職コーディネーターからは、治療を続けながら仕事との両立ができるように病院全体で支援を行っていることを具体的事例とともに説明させていただきました。

それぞれの事業場で講演内容を活かしていただき、ご不明な点があれば当院にご相談いただきたいと思います。