睡眠時無呼吸症候群
(Sleep Apnea Syndrome : SAS)
(呼吸器内科・耳鼻科)

どんな病気?

 「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が30回以上生じる病気です。症状は主にいびき、日中の眠気、疲労感、集中力の低下、頭痛などがあります。
 SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると合併症の進行が問題となります。高血圧、狭心症、心筋梗塞、脳卒中など生命の危険に及ぶこともあります。また、SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険があります。

2003年2月のJR山陽新幹線の運転士が居眠り運転を行なった問題を契機に社会問題となりました。よって、早期に治療をすることが大切です。

原因

「閉塞型」、「中枢型」、「混在型」の3タイプがあり、最も多いものは「閉塞型」です。

  • 「閉塞型」:舌や首周りの脂肪の沈着などにより空気の通り道である気道が閉塞し呼吸ができなくなるタイプ。
  • 「中枢型」:中枢(脳)の働きが異常で呼吸ができなくなるタイプ。
  • 「混在型」:「閉塞型」と「中枢型」の両方を合わさったタイプ。

 

検査について

検査方法は以下のとおりです。

 「終夜ポリグラフィー(PSG)」と「簡易検査」があります。

 

「終夜ポリグラフィー(PSG)」

入院検査(1泊)となります。

  • 患者様の睡眠状態(深さや質)と呼吸状態を同時に測る検査です。
  • 脳波、心電図、眼球やあごの動き、いびきの状態、鼻と口の気流、胸部と腹部の動き、体位、動脈中の酸素量を連続に計測します。

当院では、午後から入院をして頂きます。検査は18時30分から行ない、翌日の7時30分頃で検査終了となります。
結果説明は、次回の診察日までに専門スタッフにより解析されます。

「簡易検査」

ご自宅に機器を持ち帰っていただき、ご自身で就寝時に装着し、翌朝起床時に外して当院へお持ちいただきます。

  • 夜間睡眠中の呼吸状態を簡易に測る検査です。
  • 鼻の気流と動脈中の酸素量を連続に計測します。
  • 主に「終夜ポリグラフィー(PSG)」を実施する前に検査をする必要がある場合、入院の日程調整がつかない場合、および緊急性のある場合などに行ないます。

 自身で装着を行なうため、当日に生理検査で測定機をお貸して装着方法を説明します。
結果説明は、次回の診察日までに専門スタッフにより解析されます。

検査については、呼吸器内科または耳鼻咽喉科の医師にご相談ください。