井上信孝副院長 日本循環器学会 FJCSに認定(2018年5月)

井上信孝副院長が日本循環器学会FJCS (Fellow of Japanese Circulation Society)に認定されました。日本循環器学会FJCSは、「循環器疾患の学識,診療技術や研究業績が最も高度な水準に達し,日本循環器学会の発展に顕著な貢献があり,将来的にも指導的役割を果たすことが期待される会員であることを学会が認定,顕彰する終身称号」で、「専門医資格を得たレベルにある医師・研究者をさらに指導する立場にある研究・教育・診療のスペシャリスト」として認定されるものです。今回、臨床経験、学術論文、学会役員活動・査読・教育講演等の学会活動が評価され、日本循環器学会FJCSに認定されました。