薬剤部

病院の薬剤師がどんな仕事をしているか、ご存知の方は少ないのではないでしょうか。ここでは、病院薬剤師の仕事の一端をご紹介します。

 

薬剤部理念

病院理念に基づき安全かつ適正な薬物療法を確保し、良質な医療の提供に貢献する

 

薬剤部基本方針

  • 医薬品に関する知識の習得に努め、患者の安全で効果的な医薬品使用に貢献する
  • チームの一員として相互に協力し、患者の医療・福祉へ貢献する
  • 薬剤が原因で起こる事故を防止し、安全な薬物治療が実施されるよう努める
  • 薬・薬連携を推進し、地域における安全な薬物療法に貢献する

 

ご挨拶

nagashima

 限られた人員でそう多くのことは望めませんが、日常の薬剤業務を遂行する際には、すべての患者さんにきめ細やかな気配りができるよう、共に考えて行動することを基本としています。また、良き医療人として貢献するために、自分自身の心身の健康維持に留意することも忘れてはいけない大切な目標のひとつに掲げています。

 このホームページを通じて神戸労災病院薬剤部の日常業務を紹介することで、我々、病院薬剤師に対する皆様のご理解をいただければ幸甚です。

薬剤部長 長島 章

 

調剤業務

処方鑑査・調剤

医師の発行するすべての処方について、薬歴に基づいて処方薬剤の適否(他科との重複薬剤の有無)、用法・用量そして相互作用を確認した後、処方箋を受付けています。

画像2 画像3 画像3

注射処方については、チェックシートを用いて投与量、投与方法・ルート、投与速度、投与間隔、配合可否等を確認した後に注射箋を受付・発行しています。
入院患者さんに使用する注射薬は、自動調剤システムを用いて一施行ごとに取り揃え、ラベルと注射箋を揃えて交付しています。

画像4 画像5

 

注射薬の無菌調製

抗がん剤(細胞毒性薬剤)と高カロリー輸液の無菌調製を行っています。
また、薬剤師はがん化学療法のレジメン(治療計画)作成に携わっています。

画像6   画像7

 

院内製剤

多様な疾病・病態をもつ患者に最適な薬物療法を実施するためには、薬事法による承認を取得・供給されている医薬品だけでは必ずしも十分ではありません。このような医療ニーズに応えるため、院内において申請・承認された製剤を作成しています。

 

医薬品管理

 医薬品の院内における流通、品質管理を行っています。期限・温度設定・遮光保存・冷所保存等を厳格に管理し、特に気をつけるべき薬剤(使用期限が短い、高額である等)の動向を把握した上で、医薬品を最適な状態で適正に使用することができる環境を整えています。

 

医薬品情報の収集と提供(DI業務)

画像8

 厚生労働省、製薬会社などから得た最新の医薬品情報や、院内の医薬品情報を、迅速かつ正確に収集・分類・整理・管理・保管しています。
それらの情報を病棟薬剤師をはじめ医師、看護師、その他の医療従事者に提供し、有効かつ安全な薬物療法を行うために寄与しています。

 

病棟薬剤師業務

すべての患者さんに安心して薬物治療を受けて頂くために、各病棟に担当薬剤師を配置しています。
入院までの病歴・薬歴を入院初期から把握するなど、積極的に薬物治療に関わっています。

 

持参薬の確認

 入院時に患者さんが持参した薬を確認し、医師・看護師・他の医療従事者へ情報提供を行います。
必要に応じて最適な薬剤への変更や適切な投与法を医師に提案しています。

 

処方提案・処方チェック

画像9 疾病・病態に応じた薬剤を患者さんの状態(腎機能・肝機能・服薬機能等)を考慮した上で、医師へ処方提案を行っています。
また、薬剤が適切に処方されているか確認・評価を行うことで薬物治療に携わっています。

 

服薬指導

画像10 新たな薬剤による治療が始まる時には、患者さんへ薬の薬効・用法・用量・副作用や服用上の注意点等について説明を行っています。
 また、服用後も薬剤の効果が発現しているか評価を行うと同時に、副作用が発現していないかモニタリングを実施しています。

その他

画像11 医師や看護師から医薬品に関する相談を受けています。

 

病棟保管薬管理

病棟で保管している医薬品(麻薬・毒薬・劇薬・向精神薬・冷所保管薬等)に関して適切に管理できているかをチェックしています。

 

チーム医療への参画

糖尿病教室

 糖尿病教室では、糖尿病治療薬の正しい知識を身につけていただけるように解説を行っています。

 

 

感染制御チーム(ICT)

 ICTは医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師がチームとなって、病院内での感染を防止するために院内の感染症に関する情報を収集しその状況に応じた適切な対策や指導を行っています。

画像13

 

栄養サポートチーム(NST)

画像15 NSTは医師・薬剤師・看護師・栄養士・臨床検査技師がチームとなって栄養状態に問題のある患者さんに適切な栄養療法の選択を行っています。

 

 

他職種への教育・指導

 病棟でのカンファレンスへ参加し、投与時・投与後に注意を要する薬剤や新たに採用された薬剤について必要に応じて指導及び情報提供を行っています。
院内勉強会にて院内で周知してほしい医薬品(転倒転落リスク、麻薬の取り扱い、薬の使い分け等)について医師、看護師をはじめ他の医療従事者へ向けて講義を行っています。

 

治験事務局業務

 詳細については“治験事務局”をご覧ください。

 

薬学生の病院実務実習

 モデルコアカリキュラムに沿って指導を行っています。
病棟業務、他職種業務の見学、院内勉強会、治験審査委員会に同席するなど調剤業務以外の内容も実践しています。

画像16 画像17

 

薬剤部カンファレンス

画像18 毎週、薬剤部カンファレンスを行い、症例報告と調剤室での注意事例等について、治療上の問題点や薬剤師の介入する視点について検討・評価しています。
また、医薬品情報(DI)担当者から発信された情報を薬剤部員で共有することにより、患者さんにより質の高い薬物治療を提供できるよう努めています。

 

 

ロッサちゃん ご覧いただきありがとうございました。
私たち薬剤部員一同、患者さんにより良い医療を提供できるよう、これからも日々邁進していきます。よろしくお願いいたします。