低侵襲手術センター

スタッフ紹介

 センター長  川﨑 健太郎

低侵襲手術センター設立について

 ”紹介先の先生の専門や経験はどうだろう”と不安になることはありませんか。神戸労災病院では経験の豊富な専門家が患者さんにやさしい手術を提供するために、4月から低侵襲手術センターを開設することになりました。

低侵襲手術とは?

  低侵襲手術とは、からだに負担の少ない患者さんに優しい手術のことです。皮膚の切る範囲を減らし、出血を減少させ、手術時間を短縮することで、低侵襲手術を実現させます。その中心になるのが鏡視下手術です。
  鏡視下手術は体に数ヶ所小さな穴をあけ、炭酸ガスを注入し腹腔鏡や胸腔鏡(鏡視下)を空間に挿入して行う手術手技のことです。「きずが小さく痛みが少ない」、「開腹手術と比較して回復が早い」、「術後の癒着が少ない」など、患者さまにとってはメリットが大きな手術方法と考えられています。
  一方、病気の種類や進行度によっては、開腹や開胸手術が必要になる場合もあります。開腹手術で患者さんにやさしい手術を実現させるためには、できるだけ小さな傷で、出血量を減らし、手術を短縮する手術、いわゆる低侵襲な手術が必要になります。これはかなり難易度の高いもので、経験の豊富な高い専門性を持った医師やスタッフが必要です。
  そこで当院では、外科部長・川崎健太郎を中心として低侵襲手術センターを設立することになりました。本センターの目的は、専門性を持ったスタッフが患者さんにやさしい手術を提供することです。神戸労災病院は本センターを通じ、地域医療における鏡視下手術などの低侵襲手術の中核的な役割を担い、低侵襲手術のさらなる拡充を目指します。

対象疾患

胆石症、総胆管結石、そけいヘルニア(脱腸)、急性虫垂炎、腸閉塞、脾腫大、痔や直腸脱などの良性疾患
食道がん、胃がん、大腸がんなどの悪性疾患

低侵襲手術センターのメリット

1. 専門のスタッフによる対応

外来受診時に手術経験豊富な専門医が対応させていただきます。また外来は初診専用の特別枠を用意しました。十分に取られた時間の中で専門医師による診察が可能です。

2. 鏡視下手術による身体的負担の軽減

鏡視下手術可能な疾患では最大限に鏡視下手術を活用し、身体的負担の軽減に努めます。

3. 高度な技術を持ったチームによる開腹手術

開腹が必要な症例でも、専門医チームによる手術で、可能な限り身体の負担を軽減させます。

4. 負担の軽減と早期復帰

鏡視下手術と専門チームによる手術で、術後の疼痛緩和、早期回復、早期社会復帰、精神的や経済的負担の軽減を目指します。

診察希望の方へ

低侵襲手術センターの外来は月曜の午後です。完全予約制の初診専門外来になっていますので、近隣の先生から予約をとってもらって下さい。