アスベスト疾患ブロックセンター

独立行政法人労働者健康福祉機構では従来より勤労者医療の一環として、アスベスト関連疾患(アスベスト(石綿)繊維を吸い込んだために起きるアスベストーシス(石綿症)、アスベスト肺癌、悪性胸膜中皮腫等の疾患)に対する健康診断、診断・治療などを行ってきました。

この実績と経験を生かし、アスベスト関連疾患の診断・治療及び症例の収集を行う医療機関として22の労災病院にアスベスト疾患ブロックセンター及びアスベスト疾患センターを平成17年9月1日に設置しました。

神戸労災病院は、アスベスト関連疾患ブロックセンターとして、労災指定医療機関等の地域医療機関への支援を広域的に行っています。

  • アスベスト関連疾病診断技術研修(厚生労働省委託事業)
  • 石綿ばく露健康リスク調査読影検討会(環境省事業)へセンター長が委員として参加
  • アスベスト小体計測検査の受託