プライバシーポリシー

神戸労災病院ウェブサイト(以下、本サイト)は、主に患者様とそのご家族へのサービス、また、求人やお知らせ等の運営上の目的をもって運用しております。
本サイトをご利用いただいて、求人に関するお問い合せをいただくときなどに個人情報をお伺いする場合があります。

本サイトにて取得された個人情報は、当院が目的として定める範囲内において当院内のみで利用されます。また、法律等の正当な事由がある場合を除き、いかなる理由があっても、第三者に個人情報が開示・利用されることはありません。

本サイトにて取得された個人情報は、厳重なセキュリティ管理を行っています。また、当サイトは院内システムとは物理的に別ネットワークであるため、本サイトより病院システムの患者情報が不正アクセスにより漏洩・改竄されることはありません。

本サイトから外部のサイトに対しリンクを貼ってあることがありますが、当院はこれらの外部サイトのプライバシー保護に関しては責任を共有するものではありません。

 

神戸労災病院ウェブサイトの免責事項

神戸労災病院ウェブサイト(以下、本サイト)から提供される情報は可能な限り正確性を期しておりますが、情報の安全性・正確性などを保証するものではありません。

本サイトをご利用した閲覧、情報収集は利用者自身の責任において行っていただくようお願いいたします。

また、本サイトの利用により生じたあらゆる損害に対する責はいっさい負わないものとします。
あらかじめ、ご了承ください。

 

神戸労災病院ウェブサイトの著作権

神戸労災病院ウェブサイト(以下、本サイト)及び、本ウェブサイトに掲載されるあらゆる文章・図形・デザイン・商標・ロゴマーク等(以下「本サイト内のデータ」)に関する著作権その他の権利は、神戸労災病院または原著作者、その他権利者が有します。

個人的な使用を目的として印字や保存等を行う場合、その他著作権法により認められる場合を除き、本サイト内のデータを神戸労災病院または原著作者その他権利者の許諾なく複製、送信、頒布、改変等する行為は著作権法違反となります。

ご利用を希望される方は、事前に神戸労災病院にご連絡の上、許諾を得ていただくようお願いいたします。但し、利用をお断りする場合もありますので、予めご了承ください。
利用をお断りする場合の例

  • 肖像が含まれる場合
  • 第三者の著作物、商標が含まれる場合
  • その他、神戸労災病院が不適切と判断する方法、目的による利用の場合

 

「個人情報」の開示、内容の訂正、追加、削除等について

神戸労災病院では、ご提供いただいた「個人情報」をできるだけ正確かつ最新の内容で管理いたします。利用者よりお申し出があった場合には、登録された情報の開示を行います。また、お申し出があった場合には、登録された情報について、訂正、追加などの変更、削除を行います。ただし、登録を削除すると、ご提供できないサービス等が発生する場合があります。

 

SSL(Secure Sockets Layer)について

神戸労災病院のウェブサイトは、お客様の「個人情報」をご提供いただくにあたって、データ伝送を保護するために「SSL」またはそれに準じる方法にて対応しています。

Netscape Navigator、Microsoft Internet Explorerといったセキュリティ機能に対応したブラウザを使用することで、利用者が入力される名前や住所あるいは電話番号などの「個人情報」が自動的に暗号化されて送受信されるため、万が一、送信データが第三者に傍受された場合でも、内容が盗み取られる心配はありません。

SSLに対応していないブラウザをご利用の場合には、神戸労災病院のウェブサイトにアクセスできなかったり、情報の入力ができない場合があります。

ご使用のブラウザで、セキュリティ機能が有効になっているかどうかは、ブラウザ上で確認することができます。ブラウザの下方に表示されている鍵のアイコンがロックされた状態であれば、セキュリティ機能が有効になっています。

 

利用者のアクセスログ、履歴情報について

神戸労災病院は、アクセスされたお客様の情報を「アクセスログ」という形で記憶しています。アクセスログは、アクセスされた方のドメイン名、IP(インターネット プロトコル)アドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、通常は個人を特定できる情報を含むものではありません。これらのアクセスログは、主として下記の目的以外で利用することはありません。

  • サーバーで発生した問題の原因を突き止め解決するため
  • ウェブサイトの保守管理のため

なお、あらかじめ利用者が「個人情報」を神戸労災病院にご登録の上、ご利用いただいているサービスについては、利用者のご利用に関する履歴情報が利用者を特定できる情報と合わせて記録されることがございますが、神戸労災病院では、これらを「個人情報」の一部として適切に取り扱うものとします。神戸労災病院が、以下に記載された以外の目的で履歴情報を「個人情報」と結びつけて利用する場合は、サービスごとに利用目的を利用者にあらかじめ明示することといたします。

  • サービスの利用状況に関するお知らせ
  • 利用者からのお問い合わせによる対応
  • 利用者の個人情報の登録・管理
  • 利用者個人を特定することができない形式による統計資料の作成

 

お問い合わせ窓口

利用者のご利用内容に関する質問ご照会等は、下記の「お問い合わせ窓口」までご連絡ください。
ご本人であることを確認させていただいた上で対応させていただきます。

お問い合わせ窓口

神戸労災病院総務課
兵庫県神戸市中央区籠池通4丁目1番23号
Tel:078-231-5901
受付時間:9:00~17:00(月~金)

 

入院患者病職歴調査で得られた情報に基づく疫学研究等の実施についてのお知らせ

1. 研究の意義、目的

独立行政法人労働者健康安全機構では、ご入院された皆様の治療及び職場復帰を職業歴等の観点から支援し、かつ働く人々の職場環境と疾病との関係を疫学又は臨床面から研究するため、労災病院においてご入院された方々の病歴と職業歴等の調査(入院患者病職歴調査。以下「病職歴調査」といいます。)を実施しております。

当機構本部では、平成24年度、この病職歴調査によってこれまで得られたデータを用いて各種統計処理や経年変化の解析等を行うことにより、働く人々の職場環境・飲酒・喫煙等と疾病との関係を疫学面等から研究することとしました。この研究は、労働・飲酒・喫煙等との関係を把握し、それらの成果を勤労者の健康の保持増進・疾病の予防等の対策の基礎資料とするものです。

このために、かつて当院で病職歴調査に御協力いただいた方々に対しまして、この旨をお知らせいたします。

 

2. 研究実施体制

1)研究実施機関

独立行政法人労働者健康安全機構の本部(川崎市)

2)研究対象者

平成17年4月から平成22年3月までの間に労災病院にご入院されていた皆様で15歳以上の全ての方(人間ドック受検のために入院している方及び同一診療科の再入院で退院後1年未満の方は除きます。)が対象となります。

 

3. 研究期間

平成24年4月1日~平成25年3月31日

 

4. 研究の方法

1)当機構の本部に所属する役職員(医師等)が、病職歴調査で得られたデータに基づく疫学研究(以下「病職歴に係る疫学研究」といいます。)を行います。

2)病職歴に係る疫学研究の企画及び取りまとめを行うため、当機構の本部に疫学・臨床・産業保健等の専門家から構成する「入院患者病職歴調査企画・評価委員会」を設置して、この委員会の意見を聞きながら統計処理・解析を行い、取りまとめを行います。

 

5. 倫理上の配慮

調査の実施に当たっては、国が定めた「疫学研究に関する倫理指針」等に基づいて、以下のとおり倫理上の配慮をいたします。

1)個人情報の保護

ア. 研究対象者等の個人情報の管理
病職歴調査によって得られた個人情報については、調査を実施した労災病院において慎重に管理しておりますが、研究の実施に当たり、同病院は個人情報の安全管理を図り、調査に従事する者に対する監督を行います。なお、当機構の本部においては、労災病院から個人情報を特定できないようにしたデータを得るため、個人情報は保有しません。

イ. 調査結果の公表
本調査に係る成果は、個人の情報が特定できない形式(匿名化)で公表いたします。

2)研究対象者等からの求めに対する対応

研究対象者等から以下の求めがあった場合は、その手続きの方法の提示を含め、労働者健康福祉機構本部または調査を実施した労災病院において適切に対応いたします。
① 個人情報の利用目的の通知
② 研究対象者が識別される個人情報の開示
③ 研究対象者が識別される個人情報に誤りがあった場合の訂正等
④ 研究対象者が識別される個人情報の利用停止等

 

【個人情報に関するお問い合わせ】

① 労働者健康安全機構総務部総務課
住所:神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
TEL:044-431-8600

② 神戸労災病院医事課
住所:兵庫県神戸市中央区籠池通4丁目1番23号
TEL:078-231-5901

 

【研究に関するお問い合わせ】

労働者健康安全機構医療企画部勤労者医療・研究課
住所:神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
TEL:044-431-8600

 

入院患者病職歴調査を用いた疫学研究の実施について

1. 研究の意義、目的

独立行政法人労働者健康安全機構では、入院された皆様の治療及び職場復帰を職業歴等の観点から支援し、かつ働く人々の職場環境と疾病との関係を疫学又は臨床面から研究するため、労災病院において入院された皆様の病歴と職業歴等の調査(入院患者病職歴調査。以下「病職歴調査」といいます。)を実施しております。

最近、印刷業ことにオフセット印刷従事者において若年発症の胆管がん症例の集積が報告され、注目を集めています。当機構では、病職歴調査によってこれまでに得られたデータ(以下「病職歴データ」といいます。)を利用して、胆管がんの臨床像を検討し、若年発症例に職業関連因子が関与しているかを検討するとともに、印刷業従事者における疾病分布(特に悪性腫瘍)を調査し、研究することとしました。

このため、かつて当院で病職歴調査に御協力いただいた方々に、この旨をお知らせいたします。

 

2. 研究実施体制

1)研究実施機関

独立行政法人労働者健康安全機構

2)研究対象者

昭和59年から平成24年に労災病院にご入院されていた皆様で15歳以上の全ての方(人間ドック受検のために入院している方及び同一診療科の再入院で退院後1年未満の方は除きます。)が対象となります。

 

3. 研究期間

平成24年10月1日~平成25年3月31日

 

4. 研究の方法

1)機構に所属する研究担当者(医師等)が、病職歴データに基づく疫学研究を行います。

2)職業歴調査票(勤労者医療調査票)及び入院診療要約書(サマリー)等の調査について
病職歴データからでは得られない臨床経過等を調査するため、胆管がんを発症された方及び印刷業に従事していた方の「職業歴等調査票」(平成23年度以降の調査においては「勤労者医療調査票」を使用)及び「入院診療要約書(サマリー)」の写しを労災病院から機構本部に取り寄せ、研究者に提供します。
また、より詳細な診療情報等の確認が必要な場合には、診療録の写しを労災病院から機構本部に取り寄せ、研究者に提供します。

3)解析について
① 若年発症の胆管がんの発症に、職業歴が関与するかについて、疫学的に検討します。
② 印刷業従事者における疾病分布についても検討し、胆管がん以外の悪性腫瘍との関連性の有無についても検討します。

 

5. 倫理上の配慮

調査の実施に当たっては、国が定めた「疫学研究に関する倫理指針」等に基づいて、以下のとおり倫理上の配慮をいたします。

1)個人情報の保護

ア 研究対象者等の個人情報の管理
病職歴調査によって得られた個人情報については、調査を実施した労災病院において慎重に管理しておりますが、研究の実施に当たり、各労災病院は個人情報の安全管理を図り、調査に従事する者に対する監督を行います。なお、機構本部においては、労災病院から個人情報を特定できないようにしたデータを得るため、個人情報は保有しません。
また、病院から診療録等の写しを本部に取り寄せ、研究者に提供する場合にも、疫学研究の倫理指針を遵守いたします。

イ 調査結果の公表
本調査に係る成果は、個人の情報が特定できない形式(匿名化)で公表いたします。

2)研究対象者等からの求めに対する対応

研究対象者等から以下の求めがあった場合は、その手続きの方法の提示を含め、労働者健康福祉機構本部または調査を実施した労災病院において適切に対応いたします。
① 個人情報の利用目的の通知
② 研究対象者が識別される個人情報の開示
③ 研究対象者が識別される個人情報に誤りがあった場合の訂正等
④ 研究対象者が識別される個人情報の利用停止等

 

【個人情報に関するお問い合わせ】

① 労働者健康福祉機構総務部総務課
住所:神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
TEL:044-431-8600

② 神戸労災病院医事課
住所:兵庫県神戸市中央区籠池通4丁目1番23号
TEL:078-231-5901

 

【研究に関するお問い合わせ】】

労働者健康福祉機構医療企画部勤労者医療・研究課
住所:神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
TEL:044-431-8600