平成29年10月28日にロッサくん健康市民講座を開催しました。

平成29年10月28日(土)、神戸市東灘区の東灘区民センターにて「第7回ロッサくん健康市民講座」を開催しました。鷲見正敏院長の開会の挨拶に続き、井上信孝副院長が「大還暦(120歳)まで生きるには・・・。先人から学ぶ術」、鷲見正敏院長が「狭窄症は寝たきりになります。か?」とそれぞれ題して市民の皆さんに講演を行いました。講演後には、各講師がみなさんからの質問に応じ、聴講されたみなさんにとって有意義な健康市民講座になったのではないかと考えております。

今後も、健康市民講座を通じて、皆さんの健康に役立つ情報を提供していきます。