「過労死と生活習慣病」と題して講演を行いました。

平成29年5月24日(水)、神戸市中央区の兵庫県医師会館で開催された兵庫産業保健総合支援センター主催の一般産業保健研修にて、井上信孝副院長が「過労死と生活習慣病」と題して産業医、産業看護師、事業主、衛生管理者、人事労務担当者及び一般労働者の方々に講演を行いました。

過労死の要因となる脳心血管病は、糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満といった生活習慣に伴う危険因子が深く関与しており、今回の脳心血管病発症予防に関する講演内容をそれぞれの事業場でも活かしていただきたいと思います。