「治療就労の両立支援の取組について」と題して講演を行いました。

平成29年6月16日(金)、神戸市中央区の兵庫県医師会館で開催された兵庫産業保健総合支援センター主催の一般産業保健研修にて、中央リハビリテーション部大瀧俊夫作業療法士が「治療就労の両立支援の取組について」と題して産業医、産業看護師、事業主、衛生管理者、人事労務担当者及び一般労働者の方々に講演を行いました。

治療と職業生活の両立支援を巡る状況の解説、当院の取組の説明、事例の紹介等を行い、病気の治療をしながらでも働ける職場環境が重要であることをお話ししました。また、聴講されたみなさんからは、治療就労の両立支援に関する質問や相談もあり、当院の取組を広く周知していくことの必要性を実感しました。