「働く女性の下肢静脈瘤対策について」と題して講演を行いました。

平成29年7月6日(木)、神戸市中央区の兵庫県医師会館で開催された兵庫産業保健総合支援センター主催の一般産業保健研修にて、脇田昇副院長が「働く女性の下肢静脈瘤対策について」と題して産業医、産業看護師、事業主、衛生管理者、人事労務担当者及び一般労働者の方々に講演を行いました。

下肢静脈瘤は、長時間の立ち仕事に従事されている方や全く運動をしない方、妊娠・出産後の方に多く見られ、日常生活に支障を来すこともあります。講演では、下肢静脈瘤がどのような病気であるか画像を使って説明し、治療方法が症状によって異なること、手術を行う場合にはどのような手術になるのか具体的に動画を使って説明しました。

事業場には下肢静脈瘤でお悩みの方が多いのではないでしょうか。今回の講演内容をそれぞれの事業場で活かしていただき、必要に応じて当院にご相談いただければと思います。