「がん健康講話~がん患者の就労支援なども踏まえ~」と題して講演を行いました。

平成29年9月25日(月)、神戸市中央区の兵庫県医師会館で開催された兵庫産業保健総合支援センター主催の一般産業保健研修にて、的場是篤消化器内科副部長が「がん健康講話~がん患者の就労支援なども踏まえ~」と題して産業医、産業看護師、事業主、衛生管理者、人事労務担当者及び一般労働者の方々に講演を行いました。

各種がんの罹患率、5年生存率、原因とリスクを説明することで各種がんについて理解してもらい、そのうえで、現在注目されているがん患者等に対する「治療と職業生活の両立支援」と当院の取組をご紹介しました。

「治療と職業生活の両立支援」では、関係者の情報共有と継続的なコミュニケーション、従業員に対する就業への配慮等が必要になります。今回の講演では事例を交えて説明しております。それぞれの事業場で講演内容を活かしていただき、ご不明な点があれば当院にご相談いただきたいと思います。